原因




脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)とは、
背骨を構成している組織や背骨が変性してしまい、
ふくらはぎ・太もも・お尻などに症状が出る疾患です。

加齢が進んでくると、
体には様々な不具合が出てくるようになるものですが、
この「脊柱管狭窄症」はなぜ起きるようになるのでしょうか?



脊柱管狭窄症の原因

・脊柱管が狭窄するため
・脊柱管が狭くなり、神経が圧迫される為
腰椎すべり症


脊柱管が狭くなると、大元の神経である脊髄神経が圧迫されるのですから、
そこから枝分かれして体中に枝分かれして細部にまで通っている神経まで障害を受けることになります。

となると、体のいろんな部位にしびれや痛みが起きて、動きまで制限されることになってしまいます。

脊柱管が狭くなる理由は?

脊柱管が狭くなって神経が圧迫され、様々な困った症状が出るようになる訳ですが、
ではなぜ脊柱管が狭くなってしまうのでしょうか?

・背骨や関節を支える靱帯が変性するため
・椎間板の変性

これらが脊柱管を狭くしてしまう原因だと考えられています。

病院へ行って問診そしてMRI検査やCT検査を行い、
その結果、医師が総合的に判断して「脊柱管狭窄症」と診断が出ます。

しかし、これらの原因は間違っており、「脊柱管狭窄症」という病気自体が
存在しないと主張している団体もあるようです。

「病気」にはいろんな説があります。
怪しげな民間療法は別ですが、診断を受けた後は色々治療法を試してみるのも一つの手だと思います。



Copyright(C) 2011 【脊柱管狭窄症の原因・症状・治療法】 Allrights reserved.