頸椎脊柱管狭窄症



背骨(脊椎)の中に脊柱管という、
脊髄や神経が収まっている
トンネルのようなスペースがあります。

脊柱管が生まれつき細い場合、
老化による頸椎(首の骨)の変性・変形が原因で
神経圧迫されることがあります。

この結果、
頸椎脊柱管狭窄症という疾患が見られるようになります。



頸椎脊柱管狭窄症の症状

・痛み(首や肩の鈍痛または激痛)
・しびれ
・指先のしびれ(細かい作業ができなくなる)
・下半身の疲労感
・排尿障害
・排便障害


頸椎脊柱管狭窄症の検査

・CT検査
・MRI検査
・頚椎X線撮影

頸椎脊柱管狭窄症は無症状で進行しているケースもありますから、早期の検査が大切です。

頸椎脊柱管狭窄症の治療

・安静
・湿布
・内服薬
・頸椎カラー
・神経ブロック注射
・前方固定術
・背柱管拡大術

これらの治療を患者さんの状態や年齢に合わせて行います。

整形外科での治療を受けても症状が改善されない場合、
脳神経外科での治療が必要なケースがあります。

ただし、脳神経外科ならどこの病院でもいいのではなく、
脊髄を専門にしている病院を受診するようにしてください。

脊髄脊椎疾患治療が受けられる医療機関

・北海道大学
・金沢医科大学
・独協医科大学
・慈恵医科大学
・愛知医科大学他


いずれの治療を行うにしても納得のいく説明を受け、その上で改善に臨む必要があります。



Copyright(C) 2011 【脊柱管狭窄症の原因・症状・治療法】 Allrights reserved.