症状



背骨にある脊柱管が狭まるなどして脊髄神経が圧迫されると
「脊柱管狭窄症」という疾患を発症します。

脊柱管が狭くなる理由は、
先天性または後天性両方が考えられます。

また、加齢が原因で椎間板や椎間関節に
変形が起こる「腰椎すべり症」も
脊柱管狭窄症の原因となります。



脊柱管狭窄症の症状

脊柱管狭窄症の症状がよく見られるのは、頸椎または腰椎です。

◆頸椎に症状が出た場合
・両手のしびれ
・歩行障害

  階段の昇降が不安定
・手足の麻痺
・知覚障害
・排尿障害


◆腰椎に症状が出た場合
・仰向けで休んでいるとしびれが出る
・歩行時に前へ足が出なくなる
・間欠性跛行(かんけつせいはこう)

  少し歩くと下肢に痛みやしびれが出て歩けなくなりますが、
  しばらく休むと再び歩けるようになります。
  しかし、また痛みなどが出て歩けなくなります。
・腰を後方へそらすことが出来ない
・症状が出ていても前かがみになると楽になる
・排尿障害
・肛門の周りのしびれ


脊柱管狭窄症の治療

脊髄神経を圧迫して、しかも悪化すれば排尿障害まで起きてしまうという脊柱管狭窄症ですが、
初期段階では物理療法薬物療法で改善されるケースが多々あります。

生活習慣や食生活が影響して、30代の若い世代の方でも脊柱管狭窄症を発症することはあります。
年代関係なく、症状を感じた時点で病院を受診するようにしてください。



Copyright(C) 2011 【脊柱管狭窄症の原因・症状・治療法】 Allrights reserved.