腰椎すべり症を伴う場合



脊柱管狭窄症は主に頸部と腰部に起こる病態です。
ここでは最も多く見られる症状
「腰椎脊柱管狭窄症」について少し詳しく見ていきましょう。

加齢や外傷などが原因で、
靱帯・椎間板・関節・骨などが肥厚して、
脊髄神経が通っている脊柱管が狭くなってしまうため、
脊髄神経が圧迫されて諸症状が出るようになります。



腰椎すべり症を伴う

・腰痛
・お尻の痛み
・坐骨神経痛(下肢のしびれ・痛み、間欠性跛行など)

これらの症状を起きる脊柱管狭窄症は、時として「腰椎すべり症」という病態を伴うことがあります。

腰椎すべり症って?

前方へ椎骨がずれてしまう病気です。
靱帯や脊椎の関節が緩んでしまって脊椎を支えられなくなってしまいます。

無症状の場合もありますが、多くの場合腰痛下肢痛を伴います。

神経の圧迫が出ると、脊柱管狭窄症の症状である筋力低下しびれ
下肢の痛み間欠跛行(かんけつはこう)が見られるようになります。


腰椎すべり症は、男性より女性に多く見られる症状です。
その判断はもちろん病院での検査によりますが、
もし腰椎すべり症が原因の脊柱管狭窄症と診断を受けた場合には、
腰椎のずれを治すことが最優先の治療となります。

腰椎すべり症は、保存療法を行って改善させます。



Copyright(C) 2011 【脊柱管狭窄症の原因・症状・治療法】 Allrights reserved.