腰部脊柱管狭窄症





「腰部脊柱管狭窄症」。

なじみのない病名ですが、
症状としては中高年以上の方であれば誰でも起こる、
腰痛や足の痛みの元になっている病気です。



腰部脊柱管狭窄症の原因

※靱帯の変性肥大、椎間板の局部的な盛り上がりなどが原因で神経が圧迫されて、
30代くらいの若い方でも発症することがあります。

人間の背骨には脊髄神経が通っている脊柱管という管があります。
(脊髄神経は腰の下部まで走っています。)

年齢と共に、動作の度に体中の負担がかかっている腰の骨がずれるようになり、
また、骨と骨の間にある椎間板が潰れるなどいろんな条件が重なって、
脊柱管の中を通っている脊髄神経が圧迫されるようになります。


結果、腰部脊柱管狭窄症を発症してしまうのです。

様々な病気が重なる

『Aという病院では腰部脊柱管狭窄症と診断を受けた。
しかし、Bという病院では椎間板ヘルニアと診断を受けた。』

この二つの診断はどちらも正しいのです。
なぜなら、椎間板ヘルニアは腰部脊柱管狭窄症を引き起こすからです。

どちらの症状も辛いものですし、治療をしなければ改善されることはありません。
腰部脊柱管狭窄症の場合、進行性の病気ですから年齢を重ねるたびに症状は重くなっていきます。

腰部脊柱管狭窄症は3タイプ

腰部脊柱管狭窄症は中心管狭窄症、外側陥凹狭窄症、椎間孔狭窄症の3タイプに分けられ、
間欠性跛行(かんけつせいはこう)坐骨神経痛を起こすようになり
日常生活に支障をきたすようになっていきます。

症状を感じたら、早い段階で脊椎専門外来を受診しましょう。



Copyright(C) 2011 【脊柱管狭窄症の原因・症状・治療法】 Allrights reserved.